We use cookies to ensure we give you the best experience of our website. If you keep browsing, we'll assume that's OK. See our privacy policy here.

Share

生活費

ニュージーランドの教育制度は非常に柔軟で、それぞれの予算に応じて様々な留学の選択肢があります。ニュージーランドの生活費は他のOECD加盟国と同等の水準で、仕事と私生活とのバランスもよく、高い生活水準を誇ります。

詳しい情報

授業料

大学院の学位コースから短期の語学コースまで、ニュージーランドには様々な興味やニーズに合ったコースがあります。
授業料はコースや学校のタイプ、学校の場所、コースの期間等によって異なります。

ニュージーランドの大学の授業料はこちらをご覧ください。

  • 小中高校の授業料

    公立校の授業料は小学校で年間約11,000ドルから、中学・高校で13,000ドル以上が目安となります。私立校の授業料は25,000ドルくらいからに設定されています。

  • ディプロマ・サーティフィケート

    自分の予算に合ったコースを選びましょう。例えば、18,500ドルで2年間の工学ディプロマコースを受講することもできますし、コンピューターのサーティフィケートコースでは1学期間で12,425ドルかかるものもあります。

  • 学士号コース

    授業料は約22,000ドルから32,000ドルが目安ですが、医学や獣医学など授業料がもっと高く設定されている科目もあります。多くの学士課程は3年で修了します。

  • 大学院の学位

    授業料の目安は約26,000ドルから37,000ドルで、医学や獣医学のコースはもっと高くなります。

  • 博士課程

    博士課程の場合は留学生もニュージーランドの学生と同じ授業料が適用されます。ほとんどの科目で年間約6,500ドルから9,000ドルです。

  • 英語コース

    自分の予算に合ったコースを選びましょう。週300ドルの一般英語コースもあれば、12週間で5,100ドルのケンブリッジ英検受験準備コースもあります。

生活費

学生ビザ申請時には、ニュージーランド留学中の生活費が賄えるだけの資金を持っていることを証明する必要があります。奨学金を利用した留学やスポンサー・家族が留学費用を負担する場合は、自己資金の証明を求められないこともあります。

ニュージーランドに1年以上留学する場合は、最初の年に15,000ドル以上の資金を持っていることの証明が求められます。1年未満の留学では、生活費として月に最低1,250ドルは必要になります。

生活費は個人の生活スタイルや住む地域によって変わります。例えば、都市部に住み市内を移動することが多い場合は交通費がより多くかかるなど、住む場所によって変わる費用があります。

どれくらいの予算が必要か例として挙げると、ビクトリア大学では18,000ドルから27,000ドル、オークランド大学では20,000ドルから25,000ドル、オタゴ大学では15,000ドルから17,000ドル、マッセイ大学では15,000ドルから18,000程度と案内しています。

留学費用の一部を働いて賄うことも可能です。学生ビザで留学する人は、多くの場合、週に20時間まで、長期休暇中はフルタイムで働くことができます。 詳しくは、Working while you studyのページをご覧ください。.

ニュージーランド留学の費用を節約する方法は、ブログでチェックできます。

生活費の目安

tile accommodation3

住居費

学生寮、ホームステイ、アパートなどの費用は、地域によって大きく異なります。オークランドで寝室が3~4部屋ある家を借りた場合の平均家賃は、2016年10月の時点で週440ドルから510ドルでした。

tile food2

食費

オタゴ大学の調査では、成人男性が健康的な食生活を送るのに必要な1週間の食費は、オークランドとウェリントンで64ドル、クライストチャーチで63ドル、ダニーデンで65ドルと見積もっています。食品の価格は、買い物をする場所で変わります。

tile transport2

交通費

ニュージーランドのすべての都市と町にはバスが運行しており、学生用に割引料金を提供している地域もあります。オークランドとウェリントンには郊外に向かう電車もあります。燃料費は Petrolwatchがチェックしています。

tile entertainment2

娯楽費

留学中は、美しいビーチや山・森・湖など、ニュージーランドの素晴らしい自然を満喫することができます。音楽ライブやフェスティバル、屋外の映画上映、公園、庭園、博物館・美術館なども無料または低料金で楽しむことができます。大学や工科大学・ポリテクニックなど、高校以降の教育を提供する多くの学校で、学生用の割引カードを発行しています。

tile power2

光熱費

多くの場合、4社から9社の電力・ガス小売業者が提供する様々なプランから選ぶことができます。Consumer Powerswitch では、住んでいる地域で利用できる最適なガスと電気のプランを探すことができます。

tile phone2

電話とインターネット

携帯電話は月々の支払いをするプランとプリペイド式のプランがあります。プリペイド式のプランには、電話、メール、データ通信込みの料金が19ドルくらいからあります。オークランド、ウェリントン、ロトルア、ダニーデンの市街地では、無料でWi-Fiが利用できます。

留学生から聞きました

What's this?

You’ll see this icon when you’re viewing one of our 5 steps to studying in New Zealand.

It will show you the step number you’re on and other things to do in that step.

You're on step: 2 of 5

2Plan your budget See the options for funding your studies.

Also in step 2:

Work while you study

Scholarships

Stay in touch

Sign up here so we can make sure any tools or tips we send you about studying in New Zealand are relevant and personalised especially for you.

Please complete all of the fields below.

Please enter a valid email address.

Please enter a first name.

Please enter a last name.

Please select a country.

By clicking subscribe you agree to our email communication policy.

Thanks for subscribing

Close